発酵食品と酵母

私たちの身の回りの空気中や地表、木の樹液や花の蜜、果実や野菜など、あらゆるところに酵母が存在しています。発見されているだけでも約350種類の酵母があると言われており、私たちは普段から酵母と共に暮らしています。

酵母の働きで出来る「発酵食品」

酵母を使った食品は、古代から人間に親しまれてきました。代表的な酵母を使った「発酵食品」を見ていきましょう。

  • 酒・味噌・醤油・酢など…麹菌
  • ビール…ビール酵母
  • ワイン…ワイン酵母
  • パン…パン酵母
  • 納豆…納豆菌
  • ヨーグルト・チーズ・キムチ…乳酸菌

酒や味噌、醤油など、おなじみの食品の多くは「麹(こうじ)」菌という酵母が働いています。これらはアメリカ・ヨーロッパには存在しないもので、日本独自のものです。この他、漬物・ピクルス、鰹節や塩辛、アンチョビなども発酵食品です。

発酵食品の多くは時間をかけて「熟成」させることで、一層味わいが深まり、栄養もアップします。

現代の食生活は発酵食品不足

以前の日本人の食事には、味噌や醤油、納豆や漬物など、発酵食品がよく登場していました。しかし、食の欧米化やファストフードの普及で、発酵食品は次第に消費されなくなってきています。

インスタントフードやファストフードには酵母がほとんど含まれないばかりか、消化や吸収に貴重な体内酵素を多く必要とします。このような食事を続けていると、栄養の偏りと共に、酵素不足が深刻になり、太りやすく、不健康な体になってしまうのです。

消化を助け、脂肪になりすぎるのを防ぎ、体を元気に働かせている酵素。毎日の食事に発酵食品をプラスし、食事の中からも酵素を摂り入れていきたいですね。

発酵食品と酵母関連ページ

酵母の仕組みと働き
酵母は、健康な体に無くてはならない酵素の働きを助け、代謝や消化などに密接に関わってきます。
ダイエットに効果的な3つの作用
糖分の分解、整腸作用、豊富な栄養と、酵母には大きく3つのダイエットに良い効果があります。
生活習慣病にも効果的
メタボリックシンドロームや生活習慣病の対策にも酵母が効果を発揮する理由について説明しています。
ダイエット効果で人気のビール酵母
ビール酵母の持つ様々なダイエットをサポートする効果について紹介しています。栄養価も高いので毎日の健康づくりにもオススメです。
乳酸菌で腸内環境をスッキリ!
乳酸菌の効果、酵母との違い、植物性のものについて解説しています。安全性が高く、健康や美容効果も高いので、積極的に摂取しましょう。