乳酸菌の効果と酵母との違い

乳酸菌は、体内で口の中や腸で働き、善玉菌として悪玉菌の活躍を抑え、お通じをスムーズにするなど、腸内環境を整えます。

乳酸菌には様々な種類があり、「ラクトバチルス属」や「エンテロコッカス属」などと詳細に別れていて、「サーモフィルス菌」「カゼイ菌」「ブルガリア菌」などがあり、それぞれに効果も異なります。現在までに約250種類が発見されています。

乳酸菌と酵母はどう違う?

乳酸菌と酵母菌の違いは、働きによって生まれる物質の差です。どちらも糖分を元に発酵しますが、乳酸菌は乳酸を作り、酵母菌はアルコールと炭酸ガスを作ります。

そのため、乳酸菌を使った食品の多くには酸味があり、酵母菌を使った食品には炭酸の泡や、お酒としてのアルコールが多く含まれるのです。

乳酸菌の効果

  • 腸内環境を整える
  • 安全性が高い
  • 花粉症やアレルギーにも効果が期待
腸内環境を整える

人間の腸には腸内細菌があり、善玉菌と悪玉菌があります。2つの菌のバランスが崩れると便秘やお腹ポッコリが起こり、太りやすい体質に。乳酸菌を摂ることで、腸内環境が整い、お通じやガスがスッキリします。

安全性が高い

もともと人の体内に存在するのが乳酸菌。そのため、自然な作用でダイエットや健康効果が期待でき、体にも負担がありません。安心して摂ることができる成分です。

花粉症やアレルギーにも効果が期待

乳酸菌の中には、体に有害な菌や物質と戦う力があるものが存在します。体内の細胞の反応によって起こる花粉症やアレルギーを抑える効果も発見され、今後の研究に期待がかかっています。

たくましい「植物性乳酸菌」

チーズやヨーグルト、バターなどの乳製品に含まれる乳酸菌以外にも、キムチや漬物、ザワークラウトなどに利用される「植物性乳酸菌」があります。

日本人と相性が良いのが「植物性乳酸菌」。もともと米や野菜を多く食べてきた日本人は、欧米人に比べて腸が長く、繊維質のものと相性がよいといわれています。

植物性乳酸菌は味噌、ぬか漬け、醤油、酒など、日本におなじみの食品に含まれています。栄養素と乳酸菌のバランスを考えて、伝統的な食品を摂りいれるのもおすすめです。

乳酸菌で腸内環境をスッキリ!関連ページ

酵母の仕組みと働き
酵母は、健康な体に無くてはならない酵素の働きを助け、代謝や消化などに密接に関わってきます。
ダイエットに効果的な3つの作用
糖分の分解、整腸作用、豊富な栄養と、酵母には大きく3つのダイエットに良い効果があります。
発酵食品と酵母
酵母の働きによって出来ている発酵食品について、その代表的なものを紹介しています。
生活習慣病にも効果的
メタボリックシンドロームや生活習慣病の対策にも酵母が効果を発揮する理由について説明しています。
ダイエット効果で人気のビール酵母
ビール酵母の持つ様々なダイエットをサポートする効果について紹介しています。栄養価も高いので毎日の健康づくりにもオススメです。