酵母って何?酵母の仕組みと働き

酵母とはイーストとも呼ばれる微生物の一種です。人の目には見えないほどの大きさで、カビなどと同じ種類です。ヨーグルトやキムチ、パンやビールなどを作るため、糖分を元として、「発酵」を促すのが酵母の働きです。

発酵と腐敗はどう違う?

食べ物のうまみや栄養価が上がることを「発酵」と呼び、食べ物が腐る作用は「腐敗」と呼びます。これはどちらも酵母菌やカビ菌などが働いたために起こった作用です。このうち、「人間の体に良い」「味が美味しくなる」などの作用をもたらす微生物の働きを「発酵」と呼び、特に大切にしています。

体内に必要不可欠な「酵素」の働き

体内で消化・吸収・代謝などを行う働きをするものが「酵素」です。酵素が働かなければ、ビタミンやアミノ酸などの栄養は、体に必要な働きをしてはくれません。

もともと人の体に備わっている酵素を「体内酵素」と呼びますが、体内酵素が一生のうちに作られる量は決まっています。限りある酵素を毎日の生活で消費するばかりでは、いつか酵素がなくなってしまいますよね。

酵素が体に不足すると、お通じが悪くなる、消化不良が起こる、脂肪がつきやすくなるなど、太りやすい体になります。このため、食品から酵素を補うことが必要です。

酵母は酵素のお母さん

酵母は酵素の元になるもの。酵母菌の代謝物から酵素が生まれるため、「酵素の母」とも呼ばれています。酵母が体内で酵素として働くことで、代謝や消化が良くなり、お通じがもスムーズに。体の中からダイエットが出来るようになります。

酵母って何?酵母の仕組みと働き関連ページ

ダイエットに効果的な3つの作用
糖分の分解、整腸作用、豊富な栄養と、酵母には大きく3つのダイエットに良い効果があります。
発酵食品と酵母
酵母の働きによって出来ている発酵食品について、その代表的なものを紹介しています。
生活習慣病にも効果的
メタボリックシンドロームや生活習慣病の対策にも酵母が効果を発揮する理由について説明しています。
ダイエット効果で人気のビール酵母
ビール酵母の持つ様々なダイエットをサポートする効果について紹介しています。栄養価も高いので毎日の健康づくりにもオススメです。
乳酸菌で腸内環境をスッキリ!
乳酸菌の効果、酵母との違い、植物性のものについて解説しています。安全性が高く、健康や美容効果も高いので、積極的に摂取しましょう。